一般的におこなわれている動脈硬化(血流が遮断されてしまう恐れがあるため、たいへん危険です)の治療方法は、以下の通りでしょう。 ・食事療法 ・運動療法 ・薬物療法 動脈硬化になった場合、必ず行うのが食事療法です。 偏った食事をしている人ともなれね、栄養バランスを考えた食事に改善しなけれねダメなのです。 また、食べ過ぎない、コレステロール(ビタミンCや水溶性食物繊維、ビタミンB3などが不足することにより、コントロールに問題が生じることが多いでしょう)の過剰摂取に注意する、食物繊維(人間が消化できない難消化性成分をいいます)を積極的に摂取する、過度なアルコール摂取を避ける、水分を摂るといったことも大切ですね。 また、運動療法も動脈硬化の治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)に効果的だといわれています。 特に、有酸素運動のウォーキング(日本スリーデーマーチや龍馬ハネムーンウォークin霧島など、ウォーキングの大会も開催されています)は非常に効果があるといわれており、肥満防止にも繋がるでしょう。 毎日30分以上続けていくと、動脈硬化が改善していくはずです。 そして、食事療法(食事の時間を決めて、規則正しくとることも大切です)や運動療法では改善しない場合におこなわれるのが、薬物療法です。 血圧降下薬、経口血糖降下薬、HMG−CoA還元酵素阻害薬といった薬が使用されます。 一度、薬を使用してしまうと一生その薬に頼ることになるかもしれないため、可能な限り食事療法や運動療法で改善しようところですー